交通事故の治療について専門家からのアドバイス

2013年6月25日 火曜日

妊娠中に交通事故にあってしまったら

妊娠中に万が一、交通事故にあってしまった場合、お腹のお子さんを最優先に考えてしまいがちですが、自分の体にもぜひ目を向けてください。
自分は症状が軽いから、と放っておいたりしてしまうと、ひどくなってしまうばかりです。

これから出産という大仕事や、育児という、ずっと続いていくことをしていく「お母さん」は、体が資本です。
万全な体調で、お子さんと向き合ってほしい、と考えるからこそ、早期の交通事故治療をおすすめいたします。

しかし、投薬などが簡単に行えないデリケートな妊婦さんの治療に対して、前向きではない医療機関も残念ながらございます。
中には「我慢してください」で終わらせてしまうところもございます。

当院では、妊婦さんが安心して施術を受けられる体制が整っております。
豊橋にある当院にぜひご相談ください。

投稿者 まほろば接骨院